Home »

「 即日融資 」で比較する( 「今!」「すぐ!」即日融資 対応商品一覧)

即日融資 のできるキャッシング会社を比較してみました。

「即日融資」「即日キャッシング」という言葉に厳密な定義がある訳ではありませんが、当サイトでは原則、「申込をした当日にキャッシングを利用できる(お金を受け取ることができる)」といった意味で掲載しています。(※申し込む時間や属性による条件があった場合でも。)
そのため当てはまる条件としては、

・申し込んだ当日中に審査を終え、口座へ入金。また口座への振り込み対応がなくキャッシング時にローンカードが必須となる商品では、ローンカードを申し込んだ当日中に受け取るすべがある。

上記の条件にあてはまる必要があります。
ただし、「即日融資」「即日キャッシング」という言葉については当サイトの解釈にて記載しているものであり、審査をしない、審査を後回しにする、審査を簡略化する、必ず当日中の融資を確約するといったものではありませんので注意してください。
各キャッシング企業のサイトでは「即日融資」「即日キャッシング」と類似した各種の表現がされており、実際には当サイトでの記載とは合致しないケースがありますので、注意してください。
以下に類似した表記を記載します。(下記表記でも当サイトでいうところの「即日融資」「即日キャッシング」に該当する場合もあります。)

・即日審査
→ 申し込んだ当日に審査するという意味と思われます。「融資」が「即日」とは記載されていません。(特に記載がなければ即日融資できないとも限らない?)
・即日対応
→ 申し込んだ当日に対するという意味と思われます。何を「対応」するとは記載されていません。(特に記載がなければ即日融資できないとも限らない?)
・即日振込
→ 審査結果が出た日に「振込」をするという意味と思われます。「審査」の結果が申し込んだ当日に出るとは記載されていません。(特に記載がなければ即日融資できないとも限らない?)

このように各社の記載はマチマチですが、条件さえクリアすれば多くの企業が即日でのキャッシングを可能としています。
即日融資を受けるポイントとしては、
1.早めの申し込み(できれば午前中、もしくは前日夜にインターネットで申し込みを済ませておく)
2.高額の融資希望は控える(利用限度額が高い場合、別途収入証明などが必要になります)
3.携帯電話などキャッシング会社からの連絡を受けることが可能な状態にしておく
4.必要になる書類はあらかじめ用意しておく
等になります。
また過去に金融事故のある方は審査に時間がかかる場合がありますので注意しましょう。

ジャパンネット銀行 ネットキャッシング

 4.9

即日:即日可能
※ジャパンネット銀行普通預金口座を所有済みで、利用限度額が300万円まで、かつ平日9時~14時受け付けの場合。
会社名:
株式会社ジャパンネット銀行
実質年率:
年2.5 ~年18%
ご利用限度額:
~最高 1,000 万円

ジャパンネット銀行は即日融資が可能ですが、同行に口座を持っている方で利用限度額が300万円まで、かつ平日9時~14時受け付けをした方に限れています。
しかし、ジャパンネット銀行に口座がある場合の最短融資時間はなんと60分で、業界最速です。(審査時間ではなく、「融資時間」です。)
但し、審査時には勤務先への在籍確認があるので、速やかに在籍確認が取れるよう準備しておくことが必要になります。
(専業主婦の場合でも、配偶者の勤務先に在籍確認が入るので注意して下さい。)


第三銀行カードローン「SUN」

 4.8

即日:即日可能
※申込みの時間等により翌営業日以降となる場合があります。
会社名:
株式会社第三銀行
実質年率:
年4.8 ~年14.50%
ご利用限度額:
~最高 1,000 万円

千葉銀行「ちばぎんカードローン」

ちばぎんカードローン

 4.8

即日:即日可能
会社名:
株式会社千葉銀行
実質年率:
年1.7 ~年14.8%
ご利用限度額:
~最高 800 万円

じぶん銀行カードローン

 4.7

即日:即日可能
※※審査の結果によってはご希望に添えない場合があります。
会社名:
株式会社じぶん銀行
実質年率:
年2.2 ~年17.5%
ご利用限度額:
~最高 800 万円

じぶん銀行カードローンは、振込みで最短即日融資が可能です。
じぶん銀行に口座がなくても融資可能ですが、口座があれば、申込み時の入力項目が少なかったり、本人確認書類の提出が原則不要になったり、申込みから審査までスムーズになるので、スピード対応の面で有利になります。
融資までの主な流れは以下のようになります。
①PC・スマホから申込み
②Eメール・電話で審査結果回答
③必要書類をメール・FAXで提出
④指定口座に振込み
借入れするまでにはここまでの手続きを経る必要があるので、遅くとも当日午前中には申込みを完了したいところです。また、審査結果回答後に勤務先での在籍確認もあるので、在籍確認がスムーズにいくよう段取りしておくことも重要です。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

 4.7

即日:融資可能
会社名:
株式会社三菱東京UFJ銀行
実質年率:
年1.8 ~年14.6%
ご利用限度額:
~最高 500 万円

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」も最短で即日融資が可能です。
バンクイックでは、様々な融資方法に対応していますが、三菱東京UFJ銀行のATMコーナー等に設置されているテレビ窓口を併用する方法がおすすめです。融資までの流れは以下のようになります。
①インターネットで申込み
②Eメール、電話で審査結果の連絡
③テレビ窓口で契約、カード受け取り
④ATMで借入可能
通常、振込みで即日融資に対応している会社が多いのですが、その場合、13時ごろまでの申込みにしか対応できません。テレビ窓口は、平日は20時まで受付しているのも魅力です。※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
もちろんバンクイックでは振込みサービスも行っています。平日14時までの利用であれば、当日中に本人名義の銀行口座へ振込みが可能です。(振込み融資で即日融資を希望するなら、遅くとも13時30分までに新規申込みを完了する必要があります。)

新生銀行カードローン レイク

 4.6

即日:融資可能
※平日14時までにお手続き完了で即日融資可能。
会社名:
株式会社新生銀行
実質年率:
年4.5 ~年18%
ご利用限度額:
~最高 500 万円

レイクでは契約書類の取り交わし前に振込み融資を実施しています。(契約書類とカードは後に郵送で交付されます。)
このため、平日14時までに申込みと本人確認書類の確認が完了した場合に限られますが、振込みで最短即日融資が可能となります。(審査により希望に沿えない場合も有)

WEB申込みの場合、融資までの流れは以下のようになっています。
①パソコン・スマホ・アプリ・携帯で申込み
②審査
③審査結果は申込み後に表示される審査結果画面で確認
④本人確認書類の写しを提出。(アプリ・メール・FAX)
⑤本人名義口座へ振込み融資

即日融資を目指すのであれば、上記④までの段階を平日14時までに完了する必要があるということです。
また、自宅、勤務先での在籍確認が必要な場合もあるので、その時間も考慮して、申込みは午前中にしておく方が良いでしょう。
もちろん、在籍確認がスムーズにいくように準備しておくことも大切です。

静岡銀行カードローン「セレカ」

 4.6

即日:即日可能
※営業日、申込状況により、翌営業日以降に審査回答となる場合があります。(土・日・祝日は休業日となります。)
会社名:
株式会社静岡銀行
実質年率:
年4.0 ~年14.5%
ご利用限度額:
~最高 500 万円

静岡銀行カードローン「セレカ」は契約初回の融資は、カードが発行される前に、指定した銀行口座へ振込みが可能です。(しずぎんに口座がなくても他行への振込みも可能です。セレカの申込みと同時にインターネット支店の口座開設手続きをされます。)
このため、申込み時間にもよりますが、最短で申込んだ当日の融資が可能です。
しかもエリアは全国対応で、地方銀行カードローンながら、十分なスペックを備えています。
必要書類も原則、運転免許証だけ(利用限度額300万円以下の場合は、原則、収入証明書の提出は不要。)と少なく、審査も最短30分とスピード対応しています。
しかし、申込み状況などによっては、翌営業日以降の融資となる場合もあるので、当日中の融資を目指すなら、午前中には申込みを完了しておきたいところです。

プロミス

 4.6

即日:即日可能
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
会社名:
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
実質年率:
年4.5 ~年17.8%
ご利用限度額:
~最高 500 万円

プロミスへの申込み方法は様々な種類があります。
・WEBからの申込み
・自動契約機からの申込み(三井住友銀行ローン契約機も含む)
・電話での申込み
・店頭(お客様サービスプラザ)からの申込み
・郵送からの申込み
これらの内、郵送以外の申込み方法は即日融資に対応しています。
店頭や自動契約機で申込みをすれば、即日融資可能なことは当たり前ですが、WEB申込みでも、平日14時までに契約確認できれば、振込みで即日融資が可能です。
また、申込みはWEBで行い、審査が可決であれば、自動契約機や店頭でカードを受け取り、ATMから引き出すという方法も可能です。
プロミスクラスになると、もはや即日融資は当たり前で、最近では、郵送物が一切なくWEBのみで申込みが完結する「WEB完結」というサービスも開始しています。
また、取引中の追加融資なども三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスに登録すれば、24時間最短10秒で振込みが可能な「瞬フリ」というサービスもあります。

みずほ銀行カードローン「コンフォートプラン/エグゼクティブプラン」

 4.6

即日:条件によって可能
会社名:
株式会社みずほ銀行
実質年率:
年3.5 ~年14.0%
ご利用限度額:
~最高 1,000 万円

みずほ銀行口座カードローンは、同行に口座を開設している方に限り、即日融資に対応しています。
その場合、申込みから融資まで、「WEB完結」となるので郵送物も一切ありません。
お手持ちの普通預金キャッシュカードですぐに利用が可能になります。
(カードローン専用カードでの利用を選択することも可能ですが、その場合、郵送されるので、即日融資は困難です。)
また、本人確認書類や収入証明書などもスマフォなどで撮影し、登録用URLに登録するだけと申込み手続きも簡単です。
みずほ銀行での口座がない場合は、審査は最短で当日可能となっていますが、みずほ銀行口座の開設が必要となり、郵送物も発生するので、当日中の融資は物理的に困難です。
また、みずほ銀行口座がない方で、融資まで急いでいる方は、最寄りのみずほ銀行の窓口に来店して店頭で、カードローン・普通預金口座の開設をするという方法もあります。

アコム

 4.5

即日:条件によって可能
会社名:
株式会社アコム
実質年率:
年3.0 ~年18%
ご利用限度額:
~最高 800 万円

アコムからの借入れ方法は、
・ネット
・電話
・窓口、むじんくん
・郵送
とありますが、郵送以外の申込みは即日融資が可能です。
窓口や自動契約機むじんくんでの申込みはもちろんのこと、ネット、電話の申込みでも即日融資に対応しています。
ネット、電話で融資を受ける場合は、振込融資以外にも自動契約機でカードを受け取るという方法も選択できます。
来店せずに即日融資を受けたい場合は、平日14時までに必要書類をFAX送信し、確認されることが必要になります。(スマートフォンで申込みをする場合は、専用アプリ「アコムナビ」をダウンロードすると、審査に必要な書類の提出等がスムーズに行えるなど、様々な機能が付いていて便利です。)
また、アコムでは、インターネットで契約後、はじめて借入れをする方に限り振込実施時間を延長するサービスを実施しています。
振込先銀行が、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行の場合、平日の18時までの受付で当日19時までに振込実施が可能です。
インターネットで契約後、フリーコール(0120-07-1000)に申込み下さい。

楽天銀行カードローン

 4.5

即日:融資可能
会社名:
楽天銀行株式会社
実質年率:
年1.9 ~年14.5%
ご利用限度額:
~最高 800 万円

総量規制の対象外で、専業主婦、パートなどの属性の方への融資も積極的な楽天カードローンですが、審査には通常当日~2営業日の時間がかかります。
もちろん、最短でいけば、即日融資も可能ですが、受付時間、審査状況によるとされており、実際に即日融資を受けられる保証はありません。
(楽天銀行カードローンに限らず、銀行カードローンの場合、即日融資に消極的なところも多いので、今後のサービス向上に期待したいと思います。)
即日融資の可能性をなるべく高めるためには、
①早めの時間に申込みをする
②楽天銀行に口座を開設する
がポイントになります。
特に、楽天銀行に口座がある方は、振込み融資の場合、24時間365日受付可能で即時振込みされるので、当日中に融資を受けられる可能性はかなり高まります。

北洋銀行カードローン スーパーアルカ

 4.5

即日:融資可能
※※平日最短の場合。 即日融資ご希望の方は平日12時までに申し込みのこと。口座所有者であれば審査通過後「振込融資依頼書」をアップロードすることで可能。
会社名:
株式会社北洋銀行
実質年率:
年1.9 ~年14.7%
ご利用限度額:
~最高 1,000 万円

スーパーアルカでは最短即日融資が可能ですが、北洋銀行に口座を持っている方限定のサービスです。
WEBで申込みのあと最短15分で審査回答の電話が入るので、「即日融資希望」と伝えて下さい。
契約書類をWEBからダウンロードして、記入した画像をアップロードして提出すれば、カードが発行される前に、振込み融資が可能です。
(北洋銀行に口座を持っっていない方は、スーパーアルカカードが自宅に届いてから、引き出しで融資を受けることになります。)

アイフル 「ファーストプレミアムローン」

 4.4

即日:融資可能
※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
会社名:
アイフル株式会社
実質年率:
年4.5 ~年9.5%
ご利用限度額:
~最高 500 万円

ダイレクトワン

 4.4

即日:条件によって可能
会社名:
ダイレクトワン株式会社
実質年率:
年4.9 ~年20.0%
ご利用限度額:
~最高 300 万円

ダイレクトワンでは現在、銀行振込みによる融資は実施していません。
ホームページ上では「最短即日融資が可能」とされていますが、新規申込みの場合で即日融資を受けるためには、どうしても店舗への来店が必要になります。
店舗は、東海から関東にかけて17店舗ありますが、近郊に店舗がない地域の方は、実質、即日融資は困難です。
店舗への来店する場合も、WEBで申込みをして審査結果を確認して、店舗には契約書類の記入とカード受け取りに出向くだけという方がスムーズでしょう。
但し、新規契約後は、提携ATMは多数あるので、全国範囲の利用に全く問題ありません。
(利用できるATM:・スルガ銀行・E-net・タウンネットワークサービス・セブン銀行・ゼロバンク・イオン銀行・プロミス)

モビット

 4.4

即日:条件によって可能
※14:50までの振込手続完了が必要。審査結果によっては不可の場合有り。
会社名:
株式会社モビット
実質年率:
年3.0 ~年18.0%
ご利用限度額:
~最高 800 万円

モビットは、業界の中でも、即日融資のニーズにかなり積極的に対応している会社です。
特に、急ぎの融資を希望される方は、ネットから申込後、下記フリーダイヤルに電話して相談すればすぐに審査が開始され、審査結果は最短30分で回答されます。
・申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
●フリーダイヤル:0120-03-5000(受付時間9:00~21:00)
審査が可決であれば、融資方法は、
①銀行口座への振込み
②モビットカードでの出金
の2通りの方法を選択できます。
銀行振込みの場合は、14:50分までの振込手続完了が必要になりますが、最寄りのローン申込機からモビットカードを受け取り、提携ATMから出金することも可能です。
ローン申込機は全国に設置されており、設置場所によって営業時間は異なります。(概ね8:00~21:00までの営業時間となっています。)
契約に必要な書面はその後、「MCセンター」名で郵送されます。
また、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っていて社会保険、組合保険の方は、郵送物が一切ないカードレスキャッシングの「WEB完結」の利用も可能です。
(WEB完結の場合、融資は口座への振込み、返済方法は口座振替になります。)

セントラル

 4.2

即日:即日可能
会社名:
株式会社セントラル
実質年率:
年4.8 ~年18.0%
ご利用限度額:
~最高 300 万円

中堅消費者金融会社でも一応、「最短即日融資」を謳っている会社は多いのですが、本気でスピードを重視している会社は実はあまり存在しません。
中堅消費者金融会社では、大手よりもリスクの高い層への融資を行う以上、性善説でなく性悪説の観点で疑って審査を行う必要が出てきます。そのため、おのずと提出書類も多くなり、ヒアリングなども重視され、スピード面は後回しになってしまいます。
そのような中、セントラルは、本気でスピード融資に力を入れている数少ない会社なので注目です。
セントラルがインターネットキャッシングで全国展開をしたのは、2014年12月で、いわゆる「後発組」になります。先行組のアドバンテージを跳ね返すべく、早い時期からネットキャッシングに取り組んでいる会社とはサービス面で差別化を図るという意図もあるのかもしれません。
自動契約機や来店などは当然ですが、インターネットキャッシングの振込みでも、当日14時までに申込みが完了していれば最短で即日融資が可能とされています。(契約書類の取り交わしは融資実行後になります。)
中堅消費者金融会社の中では、申込んだ当日に融資となる可能性が今一番高いのは、セントラルでしょう。
(ただし、審査には、本人確認書類や年収証明書などの提示も必要であり、それらの書類をFAXやメールで送信する時間などもかかります。当日融資を目指すならば、出来る限り早めに申込みをしたほうが無難でしょう。)

アロー

 4.1

即日:条件によって可能
会社名:
株式会社 アロー
実質年率:
年15.0 ~年19.94%
ご利用限度額:
~最高 200 万円

アローでは、平成26年1月より即日融資のサービスを採用しています。
それ以前は、契約書類を取り交わした後にしか融資実行していなかったので、実際の融資まで申込みをしてから1週間前後の期間を要していました。
現在は、申込み時間や審査上の判断にもよりますが、原則、契約書類の取り交わし前に振込み融資を行っています。
このように、以前に比べれば、融資実行までの時間は格段に速くなっていますが、融資を受けるまでには、下記の手順が必要になります。
①申込みフォームの記入内容と指定信用情報機関の情報による一次審査
②本人確認書類と収入証明書の提出(FAX、メール)
③ヒアリング
④最終審査
⑤振込み
ここまでの手順が完了しないと融資実行には至らないので、現実は申込みをした当日に融資を受けることはかなりハードルが高くなっています。
アローに限らず、中堅消費者金融会社では、より丁寧な審査をして、なるべく柔軟な審査を行うことに力を入れているので、融資までのスピードはどうしても犠牲になりがちです。
急がれる方は、本人確認書類や収入証明書の準備をしておく、ヒアリングの時間を確保しておく等の事前準備をおすすめします。

いつも -itsumo-

 4

即日:即日可能
※※申込時間帯によっては即日対応できない場合がああります。
会社名:
株式会社K・ライズホールディングス
実質年率:
年7.0 ~年18.0%
ご利用限度額:
~最高 50 万円

「いつも‐itsumo‐」は2015年の秋ごろよりインターネットキャッシングで全国展開を開始しましたが、それ以後もホームページで「振込み融資で即日融資」を掲げています。
まだ、全国展開を開始してからあまり期間が経過していないので、情報も少ないですが、実際、即日融資が出来たという口コミもあり、今のところ、積極的にスピード対応をしているようです。
当日融資を狙うなら、振込み融資の性質上、早めの申込みが必要になります。できれば当日の午前中には審査完了しておきたいところです。
もし当日間に合わなくても、翌日に振込みは可能なので、本人確認書類や収入証明書の準備をして、出来る限り早めの申込みをおすすめします。

フクホー

 4

即日:条件によって可能
会社名:
フクホー株式会社
実質年率:
年7.3 ~年20.0%
ご利用限度額:
~最高 200 万円

フクホーでも最短当日融資OKと公表されています。
しかし、実際のところは、当日中に融資を受けるためには、来店することが必須となり、振込み融資での即日対応には消極的です。
(フクホーの振込み融資の場合は、原則、契約書類の取り交わし後の振込みとなるので、物理的に当日中の融資は困難です。口コミでも実際に融資実行されるまで、1週間ほどかかるケースが多いようです。)
また、本籍地が省略されていない住民票の提出が必要であったり、提出する書類も他社よりも多く、スピーディな審査という面では、一見、逆行しているようにも見えます。
しかし、審査に時間はかかりますが、柔軟な審査の実施は確かなものがあり、その承認率と融資金額の高さは、中堅消費者金融会社の中でもトップクラスであることは間違いありません。
フクホーに申込みをされる場合は、焦らなくてもいいように、なるべく早めに申込んでおくことをおすすめします。

クレジットのニチデン

 3.8

即日:融資可能
会社名:
株式会社 日電社
実質年率:
年7.3 ~年17.52%
ご利用限度額:
~最高 50 万円

ニチデンの振込みローンは、原則、契約書類の取り交わし前に融資が実行されます。(契約書類は融資後、郵送で取り交わしとなります。)
審査の込み具合にもよりますが14時までの受付分に関しては、即日融資も可能とされています。
全国区の中堅消費者金融会社の場合はニチデンのように、「契約書類の取り交わし前に融資を実行する」ということをホームページなどで具体的に明言している会社はほとんどありません。
実際、「即日融資」には消極的な会社も多いのが現状です。
その点、ニチデンは融資地域を限定しているので申込者1人1人にスピーディーで丁寧な対応が可能になっています。
即日キャッシングが可能になる確率は他業者よりも高いと言えるでしょう。

サイト内検索

返済シュミレーション

借入金額 単位
年利率
 %
返済期間 単位
毎月の返済額
 円
年間の返済額
 円
返済総額
 円

評価ランキング

ジャパンネット銀行 ネットキャッシング
評価:4.9 詳細
千葉銀行「ちばぎんカードローン」
評価:4.8 詳細
第三銀行カードローン「SUN」
評価:4.8 詳細
じぶん銀行カードローン
評価:4.7 詳細
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
評価:4.7 詳細
みずほ銀行カードローン「コンフォートプラン/エグゼクティブプラン」
評価:4.6 詳細
静岡銀行カードローン「セレカ」
評価:4.6 詳細
プロミス
評価:4.6 詳細
新生銀行カードローン レイク
評価:4.6 詳細
イオン銀行 イオンアシストプラン
評価:4.6 詳細
イオン銀行カードローン
評価:4.6 詳細
アコム
評価:4.5 詳細
北洋銀行カードローン スーパーアルカ
評価:4.5 詳細
楽天銀行カードローン
評価:4.5 詳細
武蔵野銀行カードローン「スマートネクスト」
評価:4.5 詳細
モビット
評価:4.4 詳細
プロミス レディースキャッシング
評価:4.4 詳細
アイフル 「ファーストプレミアムローン」
評価:4.4 詳細
ダイレクトワン
評価:4.4 詳細
セゾン「MONEY CARD」
評価:4.2 詳細
アイフル
評価:4.2 詳細
セントラル
評価:4.2 詳細
セゾン「MONEY CARD GOLD」
評価:4.2 詳細
アロー
評価:4.1 詳細
プラン
評価:4.1 詳細
三井住友銀行カードローン
評価:4.1 詳細
セゾンファンデックス「VIPローンカード」
評価:4.1 詳細
ライフティ
評価:4 詳細
ビジネクスト
評価:4 詳細
フクホー
評価:4 詳細
Copyright(c) 2014 最新キャッシング比較 All Rights Reserved.