Home » 銀行カードローン » 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

会社名:
株式会社三菱東京UFJ銀行
所在地:
東京都千代田区丸の内二丁目7番1号

おすすめ度  4.7

実質年率
年1.8 ~ 14.6% 
最大ご利用限度額
500万円 
サイトURL
http://www.bk.mufg.jp/kariru/car...

概要

※2016/7/25(月)より金利の改訂がありました。
最低金利が年4.6%から年1.8%に引き下げられました。

三菱東京UFJ銀行のカードローンのブランド、それが「バンクイック」です。

三菱東京UFJ銀行といえば誰もがご存知のメガバンクです。
「バンクイック」と言えば、バツグンの信頼感とメガバンクゆえの利便性、そして金利の安さが魅力です。

いくつかの都市銀行が合併して現在のメガバンクに発展した三菱東京UFJ銀行は、全国各地に支店、ATM網を持ちます。
各支店のATMコーナーには無人契約機を設置している店舗も多く、
審査を伴う申し込みやすさ、融資、返済時の利便性などを比較した場合、他社を上回る点が多くあります。
地方に住んでいる方でも、都市部と同じ利便性を享受できるのも「バンクイック」の魅力かもしれません。
銀行本体の「カードローン」は、総量規制後の比較的あたらしい商品ですが、キャッシングの人気ランキングでは常に最上位にあるのも頷けます。

またバンクイックでは、日々テレビで見る銀行という固いイメージを払拭するような即日融資などをアピールしたテレビコマーシャルも印象的です。
すでに大手銀行が参入した「カードロ-ン」業界は、以前の消費者金融を中心としたキャッシング業界とは異なるイメージを打ち出していこうとしているように思えます。
三菱東京UFJ銀行の戦略イメージとしては、従来の「お金に困っているユーザー」にお金を貸すというよりは、少し金利は高いがすぐ動かせるお金がないときなど、今までキャッシングを利用したことがないユーザーに気軽にキャッシングを利用してもらえる、つまり「お金に困っていないがもう少しお金をやり繰りするのに融通を利かしてほしいユーザー」を新たに発掘していこうということでしょうか。

その為、金利も従来の消費者金融などと比較すると少し低い金利に設定されています。
これは高金利で稼ぐというより、長くカードローンを使ってもらうおうということでしょう。
上限金利以下の低金利設定でも、ユーザーの金利負担が少なくなればユーザーは利便性から長期間利用するケースが増えてきます。
ユーザーに長い間キャッシングを利用してらえれば、銀行としては金利を低くしても利益が出せます。

このように新しいイメージでキャッシング業界に打って出た三菱東京UFJ銀行のカードローンですが、「バンクイック」を積極的に推し進める裏には同じ三菱UFJフィナンシャル・グループ「アコム」の存在もあります。
「バンクイック」は三菱東京UFJ銀行からの貸し出しですが、審査・保証は「アコム」が行います。
その為三菱東京UFJ銀行としては、銀行としてのブランド力を持って積極的な勧誘に徹しています。

総量規制後、世間にはキャッシングができなくなったユーザーが多数います。
しかしその中には実際に融資先として問題の無い環境にあるユーザーが少なからず存在します。
キャッシング企業にとっては、融資する相手がいてこそですから、企業としてはそのようなユーザーに対しては融資をしたいのが本音です。
アコムは消費者金融業者として総量規制の影響を受けました。しかし銀行本体から融資する場合には総量規制は適用されません。
同じグループ企業として「アコム」の長年の審査・保証能力を携え、銀行としての「ブランド」力を持って、新しく優良な顧客に総量規制に縛られない融資を行っていく、そんなところでしょうか。

このように初めてキャッシング、カードローンを利用しようと思う方はバンクイックを比較対象に加えることをお勧めします。

収入が少な目でも初めてキャッシングをする方は問題ありません。
また世帯収入がそれなりにある人にもお勧めできます。

即日キャッシング 無利息融資 おまとめローン
融資可能  無し  無し 
レディースローン 学生ローン ビジネスローン
無し ※1 無し ※2 無し 
  • ※1 本人に収入がなく配偶者に収入のある主婦(主夫)方は申し込み可能です。(利用限度額:30万円)
  • ※2 学生の方でも原則、安定した収入がある方は申し込み可能です。(利用限度額:10万円)

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査について

加盟している指定信用情報機関
株式会社日本信用情報機構(JICC)
(株)シー・アイ・シー(CIC)
全国銀行個人信用情報センター(KSC/全銀協)
すべてにおいてキャッシングの最高位に居るといって過言はないかもしれない三菱東京UFJ銀行バンクイックですが、唯一ユーザーが不安に思うのが融資審査ではないでしょうか。 これだけ信頼度が高く、利便性もあるカードローンなので幅広いユーザーを対象にするのは、確実に返済してもらえることが当然必須条件になります。 例えアコムが審査を行うといっても、融資審査は甘い訳はありません。 良好なユーザーを獲得していくのが目的ですのでむしろ厳しいと言えるでしょう。 また三菱東京UFJ銀行としての審査も当然ありますので、三菱東京UFJ銀行からのその他のローンがある場合、支払い状況や口座状況など考慮される場合がありますので注意したほうが良いでしょう。 収入が特別高い必要はありません。 が過去に金融事故がないこと、現在返済が滞っていないなどは当然です。 また過去にアコムで借り入れをしていた方も過去の実績には注意してください。 年収が低くてもしっかり生計を立てている方は問題ありませんので、 「カードローンを使ってみようかな」という方にはお勧めです。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」申し込み時の必要書類

本人確認書類(運転免許証・各種健康保険証・パスポート等)

200万円超の利用限度額をご希望の場合は、収入証明書として以下のいずれか1点をご用意ください。

1. 源泉徴収票
2. 住民税決定通知書
3. 納税証明書その1・その2(個人事業者の方)
4. 確定申告書第1表・第2表

サイト内検索

返済シュミレーション

借入金額 単位
年利率
 %
返済期間 単位
毎月の返済額
 円
年間の返済額
 円
返済総額
 円

評価ランキング

ジャパンネット銀行 ネットキャッシング
評価:4.9 詳細
千葉銀行「ちばぎんカードローン」
評価:4.8 詳細
第三銀行カードローン「SUN」
評価:4.8 詳細
じぶん銀行カードローン
評価:4.7 詳細
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
評価:4.7 詳細
静岡銀行カードローン「セレカ」
評価:4.6 詳細
プロミス
評価:4.6 詳細
新生銀行カードローン レイク
評価:4.6 詳細
イオン銀行 イオンアシストプラン
評価:4.6 詳細
イオン銀行カードローン
評価:4.6 詳細
みずほ銀行カードローン「コンフォートプラン/エグゼクティブプラン」
評価:4.6 詳細
アコム
評価:4.5 詳細
北洋銀行カードローン スーパーアルカ
評価:4.5 詳細
武蔵野銀行カードローン「スマートネクスト」
評価:4.5 詳細
楽天銀行カードローン
評価:4.5 詳細
モビット
評価:4.4 詳細
プロミス レディースキャッシング
評価:4.4 詳細
アイフル 「ファーストプレミアムローン」
評価:4.4 詳細
ダイレクトワン
評価:4.4 詳細
セゾン「MONEY CARD」
評価:4.2 詳細
アイフル
評価:4.2 詳細
セントラル
評価:4.2 詳細
セゾン「MONEY CARD GOLD」
評価:4.2 詳細
アロー
評価:4.1 詳細
プラン
評価:4.1 詳細
セゾンファンデックス「VIPローンカード」
評価:4.1 詳細
ライフティ
評価:4 詳細
ビジネクスト
評価:4 詳細
フクホー
評価:4 詳細
いつも -itsumo-
評価:4 詳細
Copyright(c) 2013 最新キャッシング比較 All Rights Reserved.