クレジットカードのキャッシングと消費者金融のキャッシングの違いは?

クレジットカードのキャッシングと消費者金融を利用した場合のキャッシングはどのような違いがあるのでしょうか。

クレジットカードは主に2つの用途があります。

①クレジットカードで商品やサービスを購入する(ショッピング)
②クレジットカードで現金を借りる(キャッシング)
この2つの機能が一枚のカードに搭載されています。

①ショッピングの場合は「貸金業法」の適用はなく、総量規制の適用もありません。よって年収の3分の1を超える借入がある場合でもクレジットカードで買い物をすることは可能になります。
②キャッシングの場合は「貸金業法」の適用があり、総量規制の適用もうけます。

このように、クレジットカードでもキャッシングの場合は、消費者金融と同様に「貸金業法」の適用をうけることになり、法律的には同じものになります。
しかしクレジットカードはあくまでショッピングがメインでキャッシングは付属業務という要素が強く、消費者金融と比べるとその特徴は下記のようになります。

≪クレジットカードキャッシングのメリット≫
・消費者金融に比べてイメージが良い
・海外でキャッシング可能なカードも多い

≪クレジットカードキャッシングのデメリット≫
・カード発行に数日かかるので即日融資は困難
・消費者金融に比べて限度額は低め
・キャッシングの場合、ポイントが付かないことが多い
・無利息期間などキャッシングに付帯したサービスは消費者金融より劣る
・審査が消費者金融より厳しい

このようにあくまでキャッシングをメインに考えれば消費者金融に軍配があがると言えるでしょう。
このような特徴を把握して、下記のような使い分けをおすすめします。
○少額、短期、急いでない借入・・・クレジットカードのキャッシング
○高額、長期、急ぎの借入・・・・・消費者金融でのキャッシング