消費者金融との取引で生じるトラブルや苦情はどこに相談するのか。

消費者金融を利用していますが、トラブル時の相談先や苦情の申し出先がよくわかりません。

取引中に生じるトラブル、借入・返済に関する相談などは専門相談窓口を利用した方が早めに解決が図れます。
現在、貸金業界ではいくつかの相談窓口を設けてこれに対応しています。
お困りの場合は一人で抱え込まずに是非活用してください。
解決に向けてのサポートを得ることが可能になります。

○各社の「お客様相談センター」に相談する
多くの消費者金融は自社で「お客様相談センター」を設けています。
トラブル・苦情に関してはまずはここに相談するのが良いでしょう。
業者側としても外部機関に苦情を申立されるのは極力回避したいことなので、解決に向けて誠実に対応しています。
ほとんどの問題はここで解決を図れるでしょう。

○日本貸金業協会に相談する
日本貸金業協会では貸金業務に関する苦情や紛争解決の相談窓口として「貸金業相談・紛争解決センター」を設けています。
また、日本貸金業協会は「指定紛争解決機関」として認定を受けており、日本貸金業協会の紛争解決委員(弁護士)が中立公正の立場で交渉を仲介し、和解案を提示して解決を図る制度を利用することもできます。
【問い合わせ】
日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター
電話:03-5739-3861
FAX:03-5739-3024

○各所轄行政(監督官庁)に相談する
貸金業を営業するためには都道府県知事若しくは財務局への登録が必要で、登録後はその管理下に置かれます。
登録先の行政は登録した貸金業者を管理監督する義務がありますから、特に違法性が高い内容であれば、所轄行政への相談することも有効です。
(各社の所轄行政は貸金業登録番号に表示されています。)